2005年02月13日

君が空だった

題名からして、僕の涙腺に触れました。
美郷あきの曲です。

サウンドからして臨場感を感じました。
激しさと静けさを、バンドサウンドとバイオリンが演出しています。

この歌は、伝えれなかった思いを綴った歌です。
それは片思いの相手に、離れていく友人に、または別れゆく恋人に。
ではそこから何を生むのでしょうか。


忘れない思い出にして その胸を飾れば良い


彼女は作品中、常に後悔の念に駆られています。
それは、思いを伝えれなかったから。
彼を傷つけてしまったから。
しかしもう、彼はいません。
だから、その人と過ごした日々、それを胸に生きていくことを歌っています。


見上げれば 君が空だった 舞う羽が夢だったよ


これを伝えたかったんでしょう。
君がいつも私を包んでくれていた。
そしてその空の下で舞う羽、自分の姿が夢だったのでしょう。

この曲は一見ネガティブな印象を受けます。
しかし、後半に続けて光を見出していきます。
それはその別れを受け入れ、成長していく過程を作中で描いているのでしょう。


Searching for my life いつかまた会えるね
透明な眼を愛してたよ 今はそれぞれの道 進む"RESTARTING"



またいつか会える日を望んで、今の別れを受け入れています。
そしてお互いの新しい旅立ちの果てに、きっと会えるのでしょう。
その日まで、忘れない思い出にして。
posted by いのやん at 01:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リコメンド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

君にありがとう

つじあやのの歌です。これは色々感慨深いものがあります。
片思いにさよならを告げる曲です。
学生時代がフラッシュバックする人もいるんではないでしょうか。


 君の知らない人とめぐり会う そして新しい恋を見つけても
 きっと忘れない 忘れられない
 君を好きだった 君に 君にありがとう



僕たちには様々な出会いがあります。
誰かと出会うたびに、誰かを忘れるでしょうか。
それが大切な人だったら。好きな人だったら。
本当に大切な出会いって、脳で記憶するものじゃないんです。
心に焼きついて、忘れない・・・忘れられないんです。


 君にありがとう言わなくちゃ 今やっと僕は君にさよならできる


ではなぜ、彼女はさよならを告げなくてはならなかったのでしょうか。
それが恋だからです。
友情とはお互いの絆です。
しかし恋は言うなれば一方的な思いなのではないでしょうか。


 机の中 埋もれてしまった 行き場のないラブレター


思いを伝えれない限りいつかさよならは来るんです。
そして彼女は、その時を感じさよならをできたのでしょう。
ではいつ、彼女はその時を感じたのでしょうか。それは後述します。

そして彼女は大人になります。


 僕の知らない君とめぐり会う そしてもう一度 二人笑ってる
 きっとその時は 溢れる思い出
 僕が好きだった 君に 君にありがとう



人は日々変わっていきます。肉体的にも精神的にも。
でも、変わらないことだって沢山あります。
だから一緒に笑うことができるし、思い出だって溢れます。

曲の最後。


 今やっと僕は君にさよならできる


このフレーズで終わります。
さて、この作品中の「今」とはいつのことでしょうか。

私は、大人になってからだと思います。
自分が知らない彼を見て、もう違う道を生きてること、それを感じたのでしょう。
彼があの頃と違うように、自分もあの頃と違っているんです。
だから今、やっとさよならできるんじゃないでしょうか。


 かばんの中 忘れてしまった 行き場のないラブレター
 いついつまで僕の胸に 抱きしめて歩いていける



彼女はずっと恋をしていたのでしょう。
「机」という学生時代から、「かばん」という大人になるまで。
長いなぁ。とか思うかもしれません。
でも、忘れられないんです。

彼女は歌詞中で何回も「ありがとう」と言っています。
叶わなくてもありがとうと言える、それが本当の恋なのではないでしょうか。
ありがとうの言葉。その大切さを教えてくれた曲でした。
posted by いのやん at 01:07| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | リコメンド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

good night

ELTのシングルです。もう最高!
両A面なんですけど、こっちが印象強く残っています。
この曲は、「テイルズ・オブ・リバース」の主題歌だった気がします。
しかし、余計な飾りはいらない曲です。

なくなってしまった人へ向けたラブソング。
ラブソングの範疇では収まりきらないとは思うのですが。
歌詞に、どうにもこうにも距離感があるんです。
遠くからその人を想って歌っている。そう伝わってきます。


 限りあった 未来はいつも
 残された掌で 輝くと 今 誓う
 君が生きた その証を 永久に愛し続けよう



僕たちは、未来は限りないと誤解してるのはないでしょうか。
そりゃ、この先うん10年続くでしょう。
でも、終わりってのはいつ訪れるか分かりません。
未来は限りがあるんです。

死んだらそこで終わるわけではないと思います。
その人が生きていたことを−証でいいから、誰かが覚えていればその人は続くのです。
その人が生きれなかった未来は、誰かが忘れない限り輝く。


 その姿を その全てを 忘れない・・・


結局、全てはここに帰結します。
織田信長だって、人が口授していくから、今でもありありとその業績が残されてるでしょ。
だったら、大切な人がいなくなったら、その人を伝えていきましょう。
こんな人だった、こんな奴だった。
そんでもって、大好きだったって。そうしよう、そうましょう。
posted by いのやん at 00:29| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | リコメンド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

黒鷺死体宅配便

とくにやることないので、お勧め漫画をば、1つ。

「黒鷺死体宅配便」
作・大塚英志 漫画・山崎峰水


イタコ、ダウジング、ハッキング、エンバーミング、チャネリング…。
こうした能力をもった5人と1匹(?)が織り成す、ホラー漫画。
依頼人は死体
その願いを叶えることで、報酬を得るのがこの黒鷺死体宅配便。

一概にホラー漫画といっても、終始怖い、気持ち悪い、って訳じゃないない。
各話、最後には生きることの大切さを汲むことができます。僕はね。

特にお勧めなのが、第2巻
この1冊で1つの話が構成されているのだけど、もう最高の一言。
詳しくは本書を見てくださいなんだけど、簡単に言えば…死刑囚と被害者の話
なにが本当の償いなのか。
なにが本当の救済なのか。
人の数だけ正義はあるのだなぁと。
例えそれが歓迎されないやり方であっても。

物語が面白いのは言うまでもないない。
見事に計算されているな、って感心すること間違いなし!
きっと満足できると思います。

いつか死んだら…、最後の想い、彼らに届けてもらいましょうか。そうしましょうか。
posted by いのやん at 09:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リコメンド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

I WISH

僕、モー娘。大好きです。
その中でも、一番好きです。語ります。
ミソは、新メンバー(4期)+ごっちんがメインで歌ってることです。

もうこの歌は、歌詞が最高です。


 人生って素晴らしい ほら誰かと出会ったり恋をしてみたり
 ああ素晴らしい ああ夢中で 笑ったり泣いたりできる



一見、ガキがなに歌うか!って思ったけど、そうじゃないじゃない。
何も知らないからこんな歌詞を歌えるのだろうと。くーっ!

だけど!そこだけじゃない!


 晴れの日があるから そのうち雨も降る
 全ていつか納得できるさ



雨が降ってもいつか晴れるさ!
とか、そういうひたすら前向きなのがアイドル。
しかしどんだけ晴れてても、いつかは雨は降ってしまう…。
しかもその雨を乗り越えよう!とかじゃないんですよ!
納得しようと。
失敗はいつもやってきて、それはどうしようもなくて。
全ては納得して、受け入れることしかできないこともある。

こういうところ、妙に現実を直視してますよね。
前述した歌詞とは大違い。

で最後!


 でも笑顔は大切にしたい 愛する人のために


これは、上記の2点の総合的歌詞なんだと。
人生は素晴らしいと現をぬかしつつも、雨は降る。
そんな矛盾を抱えながら…。

一方、なぜつんくはこんな夢現を抜かした歌詞を書いたのか。いや書けたのか。
彼はもう大人だし、人生の辛さ分かってるでしょう。じゃあなんで素晴らしいと…。
「I WISH」って題名、そこからきたんだと思います。
「wish」って、どうにもならないことを願うときの英語だそうで。
I wish I were a bird.然り。

人生が素晴らしいという想いはwishなのでしょう。
そんな願いを、人生が始まったばかりの子供が、笑いながら歌って踊る…。
そんな子供たちに、大人はなにをいえましょうか。


でも。
でも笑顔は大切にしたい。

この1行は「wish」ではなく、「hope」だと僕は思います。
posted by いのやん at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | リコメンド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。